【書評】仲畑貴志『みんなに好かれようとして、みんなに嫌われる』



内容も真っ当だし話し言葉で読みやすく半分くらいまでは良かったのだけれども、どうも話し方があまり好きではなかったことに気づいて、しんどくなったので途中で読むのをやめてしまった。

これは目下勉強中のウェブディレクター関連の本で紹介されていたので読んだのだけれども、いまの自分には必要ないかもなー、と。

いや内容は真っ当なんだけれども。ぼくには合わなかっただけ。ちなみにwikipediaによると著者はコピーライターの神様とも呼ばれるらしい。

“ココロも満タンに、コスモ石油。”の人。やっぱりすごい人だ。

むしろ、なぜ自分には合わなかったのか、を考えることのほうが有益かもしれない。