活動内容・実績紹介(2020.1.6更新)

プロフィール

本屋ライター。下北沢にある本屋のアンテナショップBOOKSHOP TRAVELLERの店主でもある。2010年よりサラリーマンを続ける傍らインデペンデントな本屋をレポートするブログ「本と私の世界」を開設。現在は独立して、「本屋をもっと楽しむポータルサイト BOOKSHOP LOVER」の運営を中心に、”本屋入門”などのイベントも開催。そのほか東京新聞での月1連載【BOOKS】やテレ東プラスでの連載「ブックショップトラベルのすゝめ」など各種媒体への寄稿、電子図書館メルマガの編集人ほか、本屋と本に関する活動を多岐にわたり行う。著書に『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』(G.B.)、『日本の小さな本屋さん』(エクスナレッジ)、共著で『全国 旅してでも行きたい街の本屋さん』(G.B.)がある。

BOOKSHOP LOVERのミッション

BOOKSHOP LOVERは本屋ライター・和氣正幸の屋号であり、活動内容全般を指します。主なミッションは以下の3つ。

  • ひとりもしくは数名のチームや企業体で運営される本のある場所(以下、独立本屋)に関する情報を集め編み発信すること
  • 独立本屋が生まれる手助けをすること
  • そのほか独立本屋を助けるあらゆること

具体的な活動内容は以下の通りです。

1.本屋のアンテナショップBOOKSHOP TRAVELLERの運営

期間:2018年8月〜現在

少しずつ増えつつある独立書店の存在をもっと多くの人に広めるために始めました。そのために、全国各地の実店舗のある本屋、無店舗ながらイベント出店やインターネットで活動する本屋をはじめ、作家、zine/リトルプレスの著者、出版社、ブックカバー作家など本に関わるすべての人を広義の「本屋」と捉え、当店に出店していただいています。さらに、当店は、本屋を目当てに各地を訪ねる「ブックショップトラベル」という、カルチャーを全世界に広めるための発信基地でもあります。この場所で様々な本屋を知っていただくことで、実際に各地の本屋に行って欲しい。本屋という劇場をもっと楽しむために。BOOKSHOP TRAVELLERは今日も日々を営んでいます。

2.ライター活動

連載中

  • 2017年4月〜 TRC-DL月刊メルマガ第10号から 編集人として執筆
  • 2018年1月〜 東京新聞 毎月1回日曜日最終面【BOOKS】にて本屋紹介
  • 2018年11月〜 テレ東プラス 不定期連載 「ブックショップトラベルのすゝめ

紙媒体

web

 自作zine

  • 2016年11月 『THE BOOKSHOP MAGZINE vol.0』を発売(現在売切)
  • 2017年5月 『THE BOOKSHOP MAGZINE 番外編 福岡・熊本ブックショップツアー顛末記』を発売
  • 2017年11月『THE BOOKSHOP MAGZINE vol.0 改訂版』を発売

イベント企画 Peatixページ

イベント登壇

メディア掲載(BSL)

※ 本や本屋にかかわることを中心に、ウェブサイト運営、取材、ライティング、営業代行などなど何でもご協力いたします。ご興味ある方はこちらの問合せからご連絡くださいませ。