東京新聞TOKYO発のコラム【BOOKS】第2弾では明大前の七月堂古書部を紹介しました!



お仕事紹介です。

東京新聞の最終面TOKYO発というコーナーにある【BOOKS】というコラムを書かせていただいています!

第2弾は2018年2月18日(日)にて、明大前の「七月堂古書部」を紹介しました。

主に詩に関する本を出版している七月堂が2016年4月にオープンした本屋です。明大前駅から徒歩5分もかからない住宅街の一角にあります。

InstagramやTwitterがインフラとなっている現在だからこそ、詩の重要性は高まっていると思っているのですが、そんな詩について知ることができる稀有な本屋さんです(東京だとほかには三鷹の水中書店や、早稲田の古書ソオダ水があります)。

次回は4月1日(日)に掲載の予定です。

お楽しみに!

※ 2017年6月20日に単著『東京わざわざ行きたい街の本屋さん』を発売しました! ぜひご購入いただいて、本屋好きの輪を広げていただけると嬉しいです!