【shop BSLの商品紹介】『偶然の装丁家 就職しないで生きるには21』

20160209 偶然の装丁家
購入する

大好きなシリーズ「就職しないで生きるには」の21巻。特に、装丁の絵がミロコマチコになってからモノとしても好きになった。
本作の著者・矢萩多聞さんはインドと日本を往復しながら画家・装丁家として活躍されている方である。同シリーズのほかの著者もそうですが、矢萩多聞さんも当然のごとく破天荒。でもだからこそ、刺さる部分がある。