zine(ジン):本のある部屋 vol.1

IMG_2540
今は無き大阪は中崎町Books DANTALION様で東京転勤前最後の訪問をしていたときでございます。ある可愛らしい女性が店主に話しかけてこられました。「お、持ち込みか?」とはじめて見る現場にドキドキしていたのですが、そうです、その持ち込まれたジンが本書「本のある部屋」でございます。

大阪の本屋さん好き必読の書

本書はOSK(大阪書店員懇親会)というサークルのようなメンバーによって作られているようでございます。
これがどういうことかと申しますと、本屋さんによる本屋さん本であるということでございます。すべての本好きが憧れる書店員ではございますが、果たして書店員と親しくなれた方はいかほどおりますでしょうか。そんな書店員の想いがカタチになったものが本書なのでございます。
大阪書店マップもございますし、全国の書店様に置かれましては本書を仕入れられ、本や本屋さんというものの魅力を自画自賛的に我田引水的に徹頭徹尾讃美されることをここにお勧め致す所存でございます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です