【書評】井手直行『よなよなエールがお世話になります』



某社の方より勧められて読む。本書はいまや地ビールの代表格ともいえる「よなよなエール」の製造会社ヤッホーブルーイングのストーリーだ。

読んでから間が空いてしまったのでうろ覚えのところはあるが、あらためて目次を読み返して思い出した。

本書は小さな会社が独自のやり方で成り上がっていく話である。小さいからこそ自分たちなりのやり方をするしかない。そのためにブログを書いたり仮装したりするのである。

自分たちが何が好きで何が得意か。何を社会に提供したいのか。いまあることで何ができるのか。そういったことを考えてやりきる。このやりきるということが簡単なようでいて難しい。どうしても周囲の目を気にして日和ってしまうことがある。でもそこを踏み止まってやりきる。そうすればきっとファンになってくれる人がいるのだ。

自営業者としてこれからの自分の事業を考える参考になった。