『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』出版記念イベント第1弾&第2弾について、ありがとうございました!!


先週、先々週と連続イベントで大変ではございましたが、ようやく落ち着いたので、簡単なものですがイベントの報告をしたいと思います。

まず、6/23(金)のイベントからです。

6/23(金)本屋に聴きたい西荻窪に小さい本屋が多い理由 〜『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』出版記念イベント〜


旅の本屋のまどさんで開催させていただいた、こちらのイベント。一ヶ月前に公開後、しばらくはあまり予約して下さる方がおらず、内心、気が気ではありませんでしたが、2週間ほど前から徐々にお客様が増えはじめ、最終的には満員御礼の会となりました。

それもこれも、登壇者の皆様のお力だと思っております。旅の本屋のまどさん、今野書店さん、古書音羽館さん、本当にどうもありがとうございました!

西荻窪という街の魅力が歴史的な観点からも、本屋以外のお店という観点からも、より深く伝えることができたイベントだと思っております。

6/30(金)仲俣暁生×高松徳雄×和氣正幸
「本屋に聞く下北沢ってどんな街 〜下北沢をもっと楽しむ歩き方〜」
『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』(ジー・ビー)刊行記念


西荻窪でのイベントを終え、打ち上げで終電を逃し、1時間以上歩く羽目になって帰宅。ヘロヘロになっていた翌日の朝方、電話がありました。取ってみると下北沢の本屋B&Bからのもので、「6/30(金)に出版記念イベントをやらないか?」とのお誘いでした。

「もちろん!」と返事をしましたが身体は動かず。結局、告知をスタートしたのが月曜日から。一週間もお知らせの期間がない中で集まっていただいたお客様方。本当にありがとうございました。

また、そんな急なスケジュールの中で、登壇依頼を快く受けていただいた仲俣暁生さんと高松徳雄さんについては感謝の限りです。

当日は、街の話はもちろんでしたが、クラリスブックスを開く前は神保町で10年間働かれていた高松さんによる古本トークも楽しく。まだまだ聴いていたいことばかりでした。

次回は谷根千でのイベントを企画中!

そんなこんなではありますが、出版記念イベントを2回終えましたが、次回はあの不忍ブックストリート、一箱古本市で有名な谷根千でイベントをしたいと思っています! まだまだ企画中ではございますが、詳細が決まり次第、ご報告いたします!

また、トークイベントとは別に『東京わざわざ行きたい街の本屋さん』で取り上げた本屋をまわる本屋めぐりイベントも、少しずつ実施していきますので、そちらにもご参加くださいね!!

***

“7/7(金)19:30〜 本屋100連発 本屋の良いトコロをこれでもかと紹介する会@双子のライオン堂”は今週末です! まだお席に余裕ございますので、ぜひご参加ください!!

忙しくて本屋で買えない方はこちらでお買い上げください〜