【書評】米澤穂信『満願』


以前読んだ『王とサーカス』が良かったのでこちらも読む。

こちらは『王とサーカス』と違ってミステリーとしての出来がしっかりしてる印象。でも、物語の持っていきかたとか結構分かりやすくて「まさかそんな!」みたいなのは無いけども文章力が素晴らしくて最後まで読んでしまうみたいな感じ。特に印象に残っているのは自殺宿の話かな。若干の後味の悪さは『王とサーカス』にも共通しているところ。こうなると『氷菓』シリーズも読んでみたいところだけどどうかな。ちょっと迷い気味です。