書評:本を売る現場でなにが起こっているのか!?

本を売る現場でなにが起こっているのか!?前々から観たかったので買った。以前読んだ永江朗の「消える本、残る本」の情報とはずいぶん違っているようだ。
「消える本、残る本」では、「出版業界の構造というか返品システムが良くない」と書いてあったけど、この本の紹介だと「未だにそのような弊害はありつつも少しずつ改善されてきている」といった印象を受けた。

箇条書きで要約すると、

  • 書店は文化の発信地たりえる
  • 売り上げは重要
  • どちらも両立させるためのツールが開発されつつある
  • 大型店舗が生き残り、中小店舗の生き残りはやはり難しい
  • 中小が生き残るためには明確なコンセプトを打ち出す、お客とのコミュニケーション、商品知識、POPなどなど様々な工夫が不可欠
  • 書店業は薄利多売、そして忙しい
  • 最後は人なのかもといったところ
大いに参考になった。

他の出版・書店関係の本

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です