【書評】中村航『僕の好きな人が、よく眠れますように』

『僕の好きな人がよく眠れますように』

以下の記事で取材した阿部広太郎さんが恵比寿のMUJI BOOKSで選書している本のうちのひとつ。内容から想像していたとおり恋愛小説だ。

そう恋愛小説。読むのは何年ぶりだろうか。本が好き!で献本プレゼントした『死んでも死んでも死んでも死んでも愛していると君は言った』のときに読んだけども、あれは仕事だからノーカウントとすると5年ぶりくらいたろうか。

二人の出会いと障害とを描いた本作。現代文学のことを知らないので何とも言えないが分かりやすく主人公の心情が表現されていて引き込まれた。ただ最後が……ここで終わりかあ……というところで終るのが残念で、いや著者は二人がどうなるのか想像して欲しいんだろうけどもでもここで終わりかあ……。

とはいえドキドキさせてくれる恋愛小説である。こういう感情。なんだか懐かしかった。