【書評】絲山秋子『小松とうさちゃん』

『小松とうさちゃん』のコピー

絲山秋子さんに会いに行こう!ということで読んでおります絲山小説。芥川賞受賞作、デビュー作と来て、3作目は最新作の『小松とうさちゃん』。本作のみ収録。

前に読んだ2作と同様、こちらも「ゆっくり」「豊かな」読後感。小松さんとヒロインのやり取りがかわいいのと宇佐美のデキる男感かわ素晴らしいってこれ帯に書いてある通りだな。

いつもノンフィクションやら実用書やら本屋関係の本ばかり読んでいるせいで、文学作品を語る言葉が少なすぎるぜこれは酷いw

でもこれから、本屋めぐりで見かけたら絲山秋子さんの作品は手に取っちゃうよなあ。だってなんか良いもの。