【shop BSLの商品紹介】『本屋はサイコー! 本を売る仕事はこんなに面白い』

20160507 本屋はサイコー!購入する

本棚の中の並びで緩やかなストーリーをつくる「文脈棚」という言葉を広めた張本人が本書の著者であり、元往来堂書店店長の安藤哲也氏である。本書は「町の本屋の復権」を掲げて氏が開店した往来堂書店の試みと、店長を辞した後の試みを氏自らが紹介した本である。「これからの街の本屋」を標榜する下北沢B&Bをオーナー・内沼晋太郎氏の書く『本の逆襲』と一緒に読むと味わい深い。