そうだ、台北の本屋に行こう(17) 幸福な気分になれるブックカフェ「海邊的卡夫卡(海辺のカフカ)」

ニーハオ!

2015年10月。台北の本屋事情がアツいと聞いて、居てもたってもいられなくなったので行っちゃいました!

ということで、シリーズ連載「そうだ、台北の本屋に行こう」これが最後です。

18店目は「海邊的卡夫卡(海辺のカフカ)」。

まとめ

時間のない方のためにまとめです。
  • 品揃え:ブックカフェ。しかし、冊数自体は少ない。
  • 雰囲気:得体のしれないワクワクを感じる店だった。
  • 立地:Mangasickから歩いてすぐ。
台北市羅斯福路三段244巷2号2F
TEL:2364-1996
営業時間:12:00~24:00(金土の夜は~2:00) 年中無休
FB:https://www.facebook.com/kafka.republic

幸福な気分になれるブックカフェ

Mangasickから歩いてすぐ近くにあるのがブックカフェ「海邊的卡夫卡(海辺のカフカ)」。

村上春樹の『海辺のカフカ』から名前を取ったお店で、1階はライブハウスのせいか定期的にライブイベントを2階のブックカフェでも行っている。

ブックカフェ、とは言っても本があるのは店に入ってすぐ左手の本棚のみ。広々とした空間には余裕を持ったスペースで席が配置されている。

ここの魅力は何と言ってもその雰囲気だ。

壁の一面が全てガラスなので外の光がたっぷりと入ってくる。対照的に室内を暗めにしているのでとても落ち着いてた雰囲気になっているし、片隅にはサンルームのような部屋もありもう最高。

スタンダードブックストア心斎橋の地下にあるカフェに似ていると言えば良いだろうか。環境はまったく違うだが、どこか何かが起こりそうなワクワクを感じさせてくれるような雰囲気なのだ。

台北ブックショップツアーの最後をここで終わらせることができて幸福だった。

入り口。

入り口。



入って左手すぐの本棚。中国語書籍のみ。

入って左手すぐの本棚。中国語書籍のみ。



DJイベント用? CDもたくさん。

DJイベント用?
CDもたくさん。



とにかく広い。

とにかく広い。



この雰囲気。伝わるだろうか。

この雰囲気。伝わるだろうか。



サンルームみたいな部屋。

サンルームみたいな部屋。



コースター。 海辺のカフカといえばカラスである。

コースター。
海辺のカフカといえばカラスである。