そうだ、台北の本屋に行こう(14) 気安く入れる二手書店「雅博客」

ニーハオ!

2015年10月。台北の本屋事情がアツいと聞いて、居てもたってもいられなくなったので行っちゃいました!

ということで、シリーズ連載「そうだ、台北の本屋に行こう」第14弾です。

14店目は「雅博客」。

まとめ

時間のない方のためにまとめです。
  • 品揃え:古本屋。日本のコミックもあれば中国語書籍もあり雑誌もある。総合古書店。
  • 雰囲気:開かれている。
  • 立地:温羅汀の中。
台北市大安區羅斯福路三段333巷9號地下1F
TEL:02-8660-5862
営業時間:月〜土 12:00~22:00
URL:http://www.yabook.com.tw/main/modules/MySpace/Home.php

気安く入れる二手書店

先週紹介した唐山書店からほど近い場所にある二手書店(古本屋のこと)が「雅博客」だ。
広めの店内には日本のコミックもあれば、中国語書籍もあり、雑誌もあればCDやDVDもある。中古であれば何でも扱うようなお店。ブックオフというわけではないが街中にある古本屋のイメージだ。

外に面した壁が全てガラスなので開放的でとても入りやすい雰囲気。椅子も置いてありじっくり本を選ぶこともできる。

「雅博客」は側にあったら嬉しい街中の古本屋であった。

入り口。

入り口。



広い店内。

広い店内。



コミックコーナー。中国語訳の日本のコミックがセット売りされている。

コミックコーナー。中国語訳の日本のコミックがセット売りされている。



右手が外側。ガラス窓の前には椅子が置いてあり、ゆっくり本が読める。

右手が外側。ガラス窓の前には椅子が置いてあり、ゆっくり本が読める。



店内奥から入口側を撮ったもの。

店内奥から入口側を撮ったもの。通路が広く取られているので開放的な雰囲気がある。