そうだ、台北の本屋に行こう(11) 雑誌好きの秘密基地「Boven 雜誌圖書館」

ニーハオ!

2015年10月。台北の本屋事情がアツいと聞いて、居てもたってもいられなくなったので行っちゃいました!

ということで、シリーズ連載「そうだ、台北の本屋に行こう」第11弾です。

11店目は「Boven 雜誌圖書館」。

まとめ

時間のない方のためにまとめです。
  • 品揃え:入場料制の雑誌図書館。台湾・日本・欧米の雑誌が揃っている。
  • 雰囲気:地下のこともあり秘密基地みたいな雰囲気。
  • 立地:VVG somethingからほど近い。
台北市大安區復興南路一段207范5弄18號B1
電話番号:02-2778-7526
営業時間:12:00 ~ 22:00
FB:https://www.facebook.com/boven437

雑誌好きの秘密基地

雑誌好きにはたまらない場所を教えてもらった。それが「Boven 雜誌圖書館」(以下、Boven)だ。

Bovenは会員制の雑誌図書館。会員だと200元、非会員だと300元を支払うと一日中利用できる。日本円でそれぞれ1000円と1200円というところ(2016年1月3日時点で1元 = 3.66円)。

入館人数は20名まで。騒がしくなることもないので、ゆっくりとこの読書空間をたのしむことができる。

忙しい旅行中。地下にあることもあり、秘密基地のような雰囲気が漂うBovenで静かに過ごす時間があっても良いかもしれない。

1階の飲食店は別なのでこの目印を見逃さないように。

1階の飲食店は別なのでこの目印を見逃さないように。



日本雑誌へのリスペクトが感じられる。

日本雑誌へのリスペクトが感じられる。



壁一面の雑誌。

壁一面の雑誌。





座り心地の良い椅子で好きな雑誌を楽しめる。

座り心地の良い椅子で好きな雑誌を楽しめる。



B,O,V,E,Nの各文字が浮いている。素晴らしい演出。

B,O,V,E,Nの各文字が浮いている。素晴らしい演出。