そうだ、台北の本屋に行こう(3) カフェで犯人探しができるミステリー専門店「偵探書屋 Murder Ink」

ニーハオ!

2015年10月。台北の本屋事情がアツいと聞いて、居てもたってもいられなくなったので行っちゃいました!

ということで、シリーズ連載「そうだ、台北の本屋に行こう」第三弾です。

3店目は「偵探書屋 Murder Ink」。

まとめ

時間のない方のためにまとめです。
  • 品揃え:雑貨も含めとにかくミステリー。赤川次郎など日本人作家の中国語訳も。カフェでもある。
  • 雰囲気:怪しげな雰囲気でありながら、カフェにいた地元の方が寛いでいるのを見て、オープンなんだと感じた。
  • 立地:
台北市南京西路262巷11號
営業時間:月〜金 14:00 – 22:00 日 13:00 – 20:00
TEL02-2559-7776(0975-188-925)
WEB:http://murderink.tw/
FB:https://www.facebook.com/mibooks/

カフェで犯人探しができるミステリー専門店

まさか台北に来てミステリー専門店に出会えるとは思わなかった。
しかもカフェもやっていて、奥にはスクリーン。イベントや上映会までできる。
ここまでのお店は日本にはないのではないだろうか。
作家や有名人のサイン(不勉強ながら誰のものかはわからなかった)も壁にあり、実は有名店なのかもしれない。
(と思ったら、こんなサイトがあった。知る人ぞ知る、ということだろうか。)
もちろん品揃えはミステリーばかり。日本人作家の中国語訳まであるとは驚いた。しかも古書価の高そうなものまであったような……。細かいジャンルも有りミステリー好きからしたら堪らない店だろう。

BooksとCafeが入れ替わるなぜかアメリカンな電飾が目印。

BooksとCafeが入れ替わるなぜかアメリカンな電飾が目印。



00
奥に広い店内。地元のお客さんが寛いでいる。

奥に広い店内。地元のお客さんが寛いでいる。



平台にはミステリー以外も少しだけ。奥の本棚は細かいジャンル分けをされたミステリーがずらっと並んでいる。

平台にはミステリー以外も少しだけ。奥の本棚は細かいジャンル分けをされたミステリーがずらっと並んでいる。



作家のサインが壁にたくさん。

作家のサインが壁にたくさん。



ミステリー関係の怪しげ雑貨もあり、雰囲気作りに一役買っていた。

ミステリー関係の怪しげ雑貨もあり、雰囲気作りに一役買っていた。