【shop BSLの商品紹介】『再びのソウル「記憶」』

20151216 再びのソウル「記憶」
『再びのソウル「記憶」』を購入する
ご存知アラーキーこと荒木経惟が、作家・中上紀と韓国に2004年夏、ソウルに向かった。記憶を辿る。
撮影されたのはソウルの「タル・トンネ(貧民街)」。
本書は雑多さと笑顔と寂しさが混ざったセンチメンタル・ジャーニーだと感じた。