本屋探訪記 一覧

本屋探訪記vol.103:谷中ヘビ道にある緑の隠れ家「古書バンゴブックス」

本屋探訪記vol.103:谷中ヘビ道にある緑の隠れ家「古書バンゴブックス」

まとめ 時間のない方のためにまとめです。 品揃え:古書が多い。それでいて「昔なが...

記事を読む

本屋探訪記vol.102:谷根千アンティーク「ツバメブックス」

本屋探訪記vol.102:谷根千アンティーク「ツバメブックス」

まとめ 時間のない方のためにまとめです。 品揃え:ビジュアル系もありつつ古書、茶...

記事を読む

本屋探訪記vol.101:恵比寿「POST」で海外出版社の装幀に舌鼓

本屋探訪記vol.101:恵比寿「POST」で海外出版社の装幀に舌鼓

まとめ 時間のない方のためにまとめです。 品揃え:写真集をメインに海外出版社のアー...

記事を読む

本屋探訪記vol.100:恵比寿「写真集食堂めぐたま」で素敵な午後のひとときをどうぞ

本屋探訪記vol.100:恵比寿「写真集食堂めぐたま」で素敵な午後のひとときをどうぞ

まとめ 時間のない方のためにまとめです。 品揃え:写真集。歴史に沿って並べられてい...

記事を読む

本屋探訪記vol.99:虎ノ門「小屋BOOKS」は働き方を考える(2015.9.25閉店)

本屋探訪記vol.99:虎ノ門「小屋BOOKS」は働き方を考える(2015.9.25閉店)

小屋BOOKSはどこ? 小屋BOOKSは一部の本屋である。とても狭い。だがその猫の額的空間の中...

記事を読む

本屋探訪記vol.98:下北沢「クラリスブックス」は本を売って生きていく

本屋探訪記vol.98:下北沢「クラリスブックス」は本を売って生きていく

下北沢本屋事情 下北沢に本屋が増えていることを知っているだろうか。 つい2年前にできたばかり...

記事を読む

本屋探訪記vol.97:下北沢的古本屋「古書ビビビ」はメディアを目指す

本屋探訪記vol.97:下北沢的古本屋「古書ビビビ」はメディアを目指す

下北沢の中心部 下北沢一番街を抜けて線路を超えたあと「これぞ下北沢!」とでも言いたくなる劇場「...

記事を読む

本屋探訪記vol.96:神奈川大倉山の古本屋「BOOK APART」は本好きの夢の家(2015.4.22移転)

本屋探訪記vol.96:神奈川大倉山の古本屋「BOOK APART」は本好きの夢の家(2015.4.22移転)

移動式本屋「BOOK TRUCK」をご存知だろうか。代官山ヒルサイドマーケットや東京蚤の市、...

記事を読む

本屋探訪記vol.95:大阪中津の真っ赤なブックカフェ「空夢箱」

本屋探訪記vol.95:大阪中津の真っ赤なブックカフェ「空夢箱」

真っ赤なブックカフェ 知人から教えてもらって伺った大阪的リトルプレスの聖地「シカク」であるが、実は...

記事を読む

本屋探訪記vol.94:中津の知る人ぞ知る大阪的リトルプレスの聖地「シカク」

本屋探訪記vol.94:中津の知る人ぞ知る大阪的リトルプレスの聖地「シカク」

大阪的タコシェ 中野のタコシェをご存知だろうか。元はサブカル漫画雑誌の代表格『ガロ』のアンテナ...

記事を読む

本屋探訪記vol.93:GOOD BYE! 「BOOK246」(2014.4.15閉店)

本屋探訪記vol.93:GOOD BYE! 「BOOK246」(2014.4.15閉店)

旅が好きですか? ぼくは旅をしない。漠然とした憧れはあるのだけど不安とか面倒とかお金がないとか...

記事を読む

本屋探訪記vol.92:大人も童心に帰る京都の本屋「メリーゴーランド京都」

本屋探訪記vol.92:大人も童心に帰る京都の本屋「メリーゴーランド京都」

「メリーゴーランド」。なんてメルヘンチックな名前だろう。「子どもの本屋」と銘打たれたこの店。...

記事を読む

本屋探訪記vol.91:京都には個人世界を表現する本屋「世界文庫」がある

本屋探訪記vol.91:京都には個人世界を表現する本屋「世界文庫」がある

実は知人の知人だったりする世界文庫の店主。BOOKSHOP LOVERの名刺を渡したら知っていて...

記事を読む

本屋探訪記vol.90:「スタンダードブックストアあべの」は地域を盛り上げる

本屋探訪記vol.90:「スタンダードブックストアあべの」は地域を盛り上げる

ぼくの大好きな本屋「スタンダードブックストア」に新店ができるという。場所はあべの。天王寺駅から途...

記事を読む

本屋探訪記vol.89:大阪天満橋の「駒鳥姉妹店」はふだん使いのナチュラル・ブックカフェである(2014.10下旬閉店)

本屋探訪記vol.89:大阪天満橋の「駒鳥姉妹店」はふだん使いのナチュラル・ブックカフェである(2014.10下旬閉店)

駒鳥文庫の店主に「実は姉妹店でカフェをやっているんだ」と聞いたので行く。そちらは名前に違わず鶏の...

記事を読む