書評 一覧

【書評】米澤穂信『王とサーカス』

【書評】米澤穂信『王とサーカス』

東京小説読書会と本が好き!とのコラボ読書会第一回課題図書。 実際にあったネパールのカト...

記事を読む

【書評】永井陽右『僕らはソマリアギャングと夢を語る――「テロリストではない未来」をつくる挑戦』

【書評】永井陽右『僕らはソマリアギャングと夢を語る――「テロリストではない未来」をつくる挑戦』

「ソマリア」と聞いたら何を思い浮かべるだろうか。おそらくほとんどの人は「海賊」を思い浮かべるだろ...

記事を読む

【本屋好きの読む本屋本】波多野聖『本屋稼業』

【本屋好きの読む本屋本】波多野聖『本屋稼業』

本屋好きの読む本屋本ということでシリーズ化してみることにした。何らかの参考になれば嬉しい。 ...

記事を読む

【書評】中村航『僕の好きな人が、よく眠れますように』

【書評】中村航『僕の好きな人が、よく眠れますように』

以下の記事で取材した阿部広太郎さんが恵比寿のMUJI BOOKSで選書している本のうちのひと...

記事を読む

【書評】石井直方『トレーニングをする前に読む本──最新スポーツ生理学と効率的カラダづくり』

【書評】石井直方『トレーニングをする前に読む本──最新スポーツ生理学と効率的カラダづくり』

身体や健康について興味がありつつもいままでちゃんと本を読んできたことはなかった。それではいか...

記事を読む

【本屋好きの読む本屋本】高橋しん『「あの商店街の、本屋の、小さな奥さんのお話。」初恋本屋。』

【本屋好きの読む本屋本】高橋しん『「あの商店街の、本屋の、小さな奥さんのお話。」初恋本屋。』

古本屋で偶然発見。『最終兵器彼女』の高橋しんが本屋ものを書いていたとははじめて知った。しかも...

記事を読む

【本屋好きの読む本屋本】くれよんカンパニー『本屋部』

【本屋好きの読む本屋本】くれよんカンパニー『本屋部』

女子高生が本屋を訪ねる漫画。双子のライオン堂書店にあり、取り上げているのが同店。奥付を見ると...

記事を読む

【書評】三浦しをん『舟を編む』

【書評】三浦しをん『舟を編む』

実に映像化したくなる物語だと感じた。 なぜそう思ったかというと、本作の書き方をノンフィ...

記事を読む

【本屋好きの読む本屋本】小路幸也『シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン』

【本屋好きの読む本屋本】小路幸也『シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン』

東京バンドワゴンシリーズの2作目。これを読んだのはここ1ヶ月ほどなので記憶が新しい。定期的なアウ...

記事を読む

【書評】猪瀬直樹『こころの王国―菊池寛と文藝春秋の誕生』

【書評】猪瀬直樹『こころの王国―菊池寛と文藝春秋の誕生』

『マガジン青春譜』のレビューをアップしたらツイッター上で著者からオススメいただいたので読む。SN...

記事を読む

【書評】大竹啓裕『ストックビジネスの教科書』

【書評】大竹啓裕『ストックビジネスの教科書』

天狼院書店の三浦代表が一時期猛烈にプッシュしていたので購入。天狼院書店から学べることは多いのだか...

記事を読む

【書評】ディーン・R. クーンツ『ベストセラー小説の書き方』

【書評】ディーン・R. クーンツ『ベストセラー小説の書き方』

独立当初、書き方について悩んでいたときに読んだ本。米国の作家であるディーン・R・クーンツによる指...

記事を読む

【本屋好きの読む本屋本】児玉憲宗『尾道坂道書店事件簿』

【本屋好きの読む本屋本】児玉憲宗『尾道坂道書店事件簿』

広島県東部の書店チェーン「啓文堂」で書店員として働き、病に倒れ、半身不随ながらも復職し、現在...

記事を読む

【書評】絲山秋子『小松とうさちゃん』

【書評】絲山秋子『小松とうさちゃん』

絲山秋子さんに会いに行こう!ということで読んでおります絲山小説。芥川賞受賞作、デビュー作と来...

記事を読む

【書評】前野隆司『人生が変わる! 無意識の整え方 – 身体も心も運命もなぜかうまく動きだす30の習慣』

【書評】前野隆司『人生が変わる! 無意識の整え方 – 身体も心も運命もなぜかうまく動きだす30の習慣』

学生時代、臨床心理士を志していた。そこから紆余曲折あって現在に至るわけだが今でも「心理」や「...

記事を読む