書評:福嶋聡「劇場としての書店」



ジュンク堂書店池袋店副店長様のご著書でございます。本屋さんがただ本を売るだけでは持たなくなってきている昨今、それでも本を売り続ける大型書店の筆頭ジュンク堂書店さまが考える書店論でございます。

「接客」とは「説得」なり

以上の帯文が秀逸でございました。さらに続きまして「いらっしゃいませ、お客様。当店では「本」を売っておりますが「媚」はうっておりません」とあります。素晴らしい。多品種少量生産であるからこそ書店員には媚を売る様なサービスではなく商品知識を背景にしたコンサルティングが必要でございましょう。ですが、大型書店ではコンサルティング業務にうつつを抜かす時間は少ないのでございましょう。それでも如何にして品質を担保できるか。そのための心持が指南されているのでございます。
とはいえ新古書店以外では本屋さんに勤めたことなどないワタクシでございますので現在進行形で本屋さんをなさっている方からしましたらワタクシの宣っていることなど片腹痛くお感じになられることかとは存じます。
とはいえ、一人の本屋好きとしましては素晴らしい読書体験であったことだけはここにご報告させて頂けなければいけません。そう考慮しまして記す次第でございます。

他のご著書

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です